2014年12月03日

あることないこと、あることあること

先日、眠れないわ。でも、パソコンは、ね…ってなって
携帯で綴ったものをさぁ!ブログにと思ったら
あまりにも長くてひいてしまいました。大石です。

そんな感じで途中から「夜中に携帯で綴る」よくわからないテンションに変わります。
よろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年、最大のイベントとなった六甲ミーツ・アートの搬出がおわりました。
明日、作品さんたちも家に帰ってきます。
見に来てくださったみなさま、気にかけてくださったみなさま
本当にありがとうございます!!!

なんだかんだグッズもたくさん売れて嬉しかったです。
がんばってよかった!
Tシャツを買ってくださった方々へ…。
洗濯する際はやさしく押し洗いしてください。
手に薄いビニール袋など装着すると羊毛がまとわりついてこなくて良いかもしれません。
ストラップなどなど買ってくださった方々へ…。
もうすでに金具などと羊毛が外れた!などありましたら対応いたしますので
お気軽にご連絡ください。

年の瀬になりますと、来年はなにしているのかしらね……と
さみしい気持ちになるのですが
とりあえず、12月26日から今年最後の展示が!
それと、来年は1月12日から最初の展示が!
どちらも小さい作品でグループ展への参加です。
どちらもわかりやすく羊さんの予定です。
小作品ではありますが、お時間ありましたら
ぜひぜひ見に来てください!

と、
来年は春と秋?大きい展示に参加します!
どちらも東京から少し遠いけど。
詳しいことが発表されたらまたお知らせします。

まだ生きていようと、そう思っていいのかなと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ずっと思っていることなのだけど
自分で企画することにも挑戦したい!
そのためには、この提出ギリギリまで
制作が進まない腐りきった根性をどうにかしなければ。
自分のためにすら生きていけない人間です。

計画的にやらなきゃなにもできないのに、間に合わないのに
計画がないとなにも始められない。
ん?なんか違う気がする。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
美術っぽいことは心の隅に大事にしといて、それ以外の最近のことを。
文章をちゃんと直そうと思うと時間がかかって結局なしで。
ってなりそうなので箇条書きみたいに流します。わーわー。
同じこともう1回言ったりしてる!なんだこれ。
映像化についてだらだら書いています。
すごくどうでもいいので、すごくどうでもいいです。

小説が映画化!てなると気になって気になって
映画の後に読むと小説のが…てなることが多いし
役者さんで読んでしまうから
先に読みたいなーと思うのだけど
そうすると、かなりの確率で見に行かない。

最近は百舌シリーズを全部読みました。
で、とりあえずテレビじゃねぇか!っていう。
あれは、恋愛小説なんだぜ(たぶん…違います)
好きだって感情を表現する言い回しがあまりにも面白いので
ノートに書き出そうかと思うほどです。
声にも出して読みたいです。

話はまるで違うのに
小説のセリフを使ったりするのも変な感じ。
だなーと思ってしまう。
原作とは、とは……。

夜中の作業でみて、1巻はそれから読んで
少しは同じ部分もあったけど
小説の既刊を全て読んだいま
ドラマみてると混乱しかしない。
映画もみにいっちゃうと思うけど
今から不安。
という楽しみだけども!

その流れで紙の月の映画をみて、読んでいるところ。
今回は予定的に間に合わなかったので。

映像でみてしまうと
やっぱり登場人物とか風景とか
それにつられてしまう。
しかし、今回の紙の月は
それを逆手にとって
脳内で好きな役者さんにガッツリ演技してもらうという楽しみ方をしています。
そこに気合入れてるからか
他の人は結構顔がでてこない。
まぁ、映像にはないシーンばかりだからてのもあるけど。

そんでもってその役者さんの映画をみようと思って一覧つくってみたら
あまりにも小説原作が多くてぬをー!ってなってる。
ぬをー。



人は皆、自分にはありえないだろうと映画もニュースも楽しむんだろう。
あたかも自分の人生の一部かのように。
傷ついたり、喜んだり。
ありえないからこそ。

いくつか読んだりみたりして
原作って原作なのねーと思うけど
考え方が変わってしまうのはなぁと思う。
でも、そういう出来事をモチーフに
新しい自分の考え方を表現するってことなのかなと、ここんとこ思ってる。
てか、じゃないと信じられない。

初めて原作として読んだのは東京タワー。
岡田准一のほうの。
受験シーズンにたぶん現実逃避で。
そのときは男と女の感覚の違いかなぁと思ったけど
そうじゃない。
一般的、大衆向けてことなのか。
なんか違うな。

デスノートもおわり方がえ、えぇぇぇぇぇぇ!ってなったなぁ。
突然マンガですが。

逆に映画をふらっとみて終わりが気になりすぎて読んだのは
パレード。
あぁ、そうだよねって安心した覚えが。

あと、読んでる漫画の映像化は見られない!
漫画は愛しすぎているから。です。

最近、特にうぉぉぉってなってるマンガはバイオーグ・トリニティです。
でも絵がいっぱいで飛ばして読んでる気もする。

まぁ、小説も映画も漫画も
たくさん見ているわけじゃないから
色々は言えないけど、私はこう感じるなぁという話。でした。
いま、この段階でもう消した方がいいよと思っている。
ここまで読んでもらってすみません。

さぁ、寝よう。そうしよう。
posted by maono at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

なんかもう色々。

すでに始まっていたり、明日からだったり、全編に渡りお知らせです。
長いけど、最後まで読んでいただけると嬉しいです。長いけど。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日のお出かけですが
またもや神戸に搬入に行ってまいりやした。

なんと、現在、そごう神戸店(三ノ宮駅から1分)にて
六甲ミーツ・アートの出張版として
過去作品たちをエスカレーター周りなど7カ所に合計9点、展示させていただいています。
……ん?って、なりにぜひぜひ来てください。

期間は六甲ミーツ・アートと同じく11月24日まで。

六甲ミーツ・アートの公募大賞グランプリを受賞された
竹久万里子さんのインスタレーションもみることができます!
(2Fの歩道橋へ続くサンファーレ広場)

5F連絡通路ではパネルで紹介もしていただいています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、東京では
東京デザイナーズウィークにC-depotの一員として参加します!
今年は枡です。立たせてみました。

東京デザイナーズウィーク 2014
「CHINTAI presents アーティストコンテナ」
「循環 Circulation」 C-DEPOT

会期 2014年10月25日(土) - 11月3日(祝・月)
時間 11:00 - 21:00 (最終日20:00まで)
会場 明治神宮外苑 TOKYO DESIGNERS WEEK中央会場
(〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町2-3)
入場料 一般 3,000円
(大学生 2,000円、高校生 1,500円、中学生 1,000円)

direction 堤 岳彦
support 大橋量器

artists
青山健一 稲田貴志 内田有 大石麻央 大西高志
金丸遥 金丸悠児 かなやまひろき 久野恵介 桜井美奈子
juliaM 杉山治 須田真由美 堤あすか 堤岳彦
根本尚明 長谷川佳祐 平原真 BlockingWood 細井世思子
門田奈々 やっさん 八田大輔 YK

メンバーの堤岳彦をディレクターとして「循環 Circulation」をテーマに枡(マス)を用いたアート展を行う。
参加アーティストは枡を素材(あるいは支持体)として、テーマをそれぞれに解釈し作品制作する。
コンテナ内にて、枡作品とともに、枡の制作行程で生まれるカンナくずなどを利用したインスタレーションを展開。
枡(マス)は岐阜の「大橋量器」の協賛によってアーティストに支給される。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さらに、同じく明日10月25日から
青山のスパイラルで行われる
「THE ART FAIR +PLUS-ULTRA 2014」に参加します!

Artypunchi・李恵源さんのブースです。1st Term WALL-No.08です。
韓国と日本の作家6人による展示です。
作品はハトさんズとか、実は新しい人とか4体です。
ほかにもすごくたくさんの作品をみることができるので
ぜひぜひ青山にお越しの際はぜひお立ち寄りください!

日時:10月25日(土)〜28日(火)11:00〜20:00
会場:スパイラルガーデン[スパイラル1F]
地下鉄表参道駅 B1,B3出口すぐ
東京都港区南青山5-6-23 tel.03-3498-1171
http://www.spiral.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これで今年の搬入が全ておわりました。
11月は搬出祭りだぜ!
と、現在の私は押して押して押しまくっているマスク作りをしています。
展示の案もつめないとね、場所考えないとね。だめね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんでもって、最後のお知らせ。
なんと、なんと
関西を24時間遊べるウェブマガジン、Lmaga.jpさんにインタビューが掲載されています!
インタビュー………!していただきました。わー。
六甲ミーツ・アートの作品の写真や、会場で毎度ながらクマってる写真などもでていますので
ぜひぜひみてください!
http://lmaga.jp/article.php?id=3110
(インタビューは次のページです。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あれもこれも詰め込んでしまいましたが
元気にやっておりますので、よろしくお願いします!!!
posted by maono at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月17日

お知らせにつぐお知らせ。

遅くなりましたが
展示というか、設置というか、公募というか、なお知らせ。

「313×313 Dreaming ART」
という公募に通りまして、羽田のホテルに作品が飾られることになりました!
9月30日から開業している
ロイヤルパークホテル ザ 羽田というホテルです。
なかなか見ることも出来ないので、勇んで内覧会に行ったんですが
すごかったです。色々。
本当に羽田から直結で、ほとんど中にあるみたいな感じです。
出国したあとにしか泊れない部屋もあって、そこは見れてないんですが。
一部屋一部屋、作品もいろいろですが壁や置いてあるものも違って
すごくオシャレでした。

しかしながら、宿泊客以外の方は鑑賞目的で客室を見ることはできません。
ので、羽田を使うよー泊るよーという方がいらっしゃしましたら
そういえば!と思い出していただければ……。
ちなみに、717と719です。ツインのお部屋です。
さらに作品は平面です。額とかはじめて買いました。素材は羊毛です。
写真…写真ね。わかってる。しばしお待ちを。

サイト
http://www.rph-the.co.jp/haneda/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そんでもって、こちらも遅くなりましたが今年も展示させていただいています!
私がいうのもあれなんですが
年々、作品数も増えて楽しさが倍増していると思います。
少し寒くなってきましたが、晴れてる日は本当に気持ちがいいので
ぜひぜひみにきてくださいー。
今年は動物園の入り口にあるなかよしトンネルの中に展示しています。
上の方に飛んでいるので探してみてくださいねー。

「金沢動物園 アニマルアートコラボ展vol.5」

開催期間:10月4日(土)〜11月9日(日)

時間:午前9時30分〜午後4時30分 ※ただし入園は午後4時まで

お休み:毎週月曜日
※ただし月曜日が祝日や振り替え休日にあたる場合は
その翌日が休園日となります(臨時開園する場合もあります)
※10月は休園日なしです。

アクセス:http://www2.kanazawa-zoo.org/information/access/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
明日からちょっくら出かけまして、またお知らせする予定です。
東京と神戸で、てててて展示しますよー!
posted by maono at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

電車に乗ってどこまでも。

突然のお知らせですが……

今週の金曜日、9月19日に都電荒川線を私の作品たちが乗った貸切電車が走ります!
荒川車庫から早稲田の往復で、一緒に乗れます!無料です!
走っているところを外からみたりもできます。

ー運行時間ー

13時に荒川車庫を出発!(ここから王子までは作品のみの運行です)

停車駅は
王子1:10
大塚1:20
早稲田1:30
大塚1:45
王子1:55
(時間はおおよそです)

1区間、定員10名です。

電話予約・ご質問は090-2766-7675 どうぶつの森プロジェクト ひらいではるおさんまで。

近くに行く予定のあるかた、時間があるよーというかた
ぜひぜひ都電荒川線におこしくださいー!
よろしくお願いします!
posted by maono at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月15日

六甲ミーツ・アートはじまりました!

怒濤の設置がおわり、13日より「六甲ミーツ・アート」がはじまりました。
私の展示は六甲オルゴールミュージアムの中です。
建物の入口から出口までいろんなところでみんなまったりしています。

今回の作品は、会場の下見に言った際に聴いた
自動演奏楽器楽器やオルゴールが素敵すぎて、他の誰かにも教えたい!と
作った作品たちです。
そうなっているかどうかはさておき…
ぜひぜひコンサートで生の音を聴いてください。

と、さりげなくグッズも売っていますので
手に取って見てみてくださいー。

会期:2014年9月13日(土)〜11月24日(月・休)※期間中無休
開場時間:10時〜17時 ※会場により21:30(土日祝は22:00)まで鑑賞できる作品があります。
http://www.rokkosan.com/art2014/



「夢より遠い、いまを探す旅」

くるくる まわる
くるくる まわる

ここにはいないあなたが
ここにしかいないわたしに

夢のようなときを奏でてくれる

このきらきらしたときに
私ははじかれるように聴き入っている

たとえば
私はいま、どこにいるのだろう。
posted by maono at 02:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする